特集
アンドウ・アトリエの仕事 建築と家具のあわい

造作がつくりあげる心地良い住まい  文=安藤和浩+田野恵利

谷戸に建ち陰影を愉しむ住まい
長谷の家
 設計=アンドウ・アトリエ/安藤和浩+田野恵利

既存の井戸と桜を残して町にひらく
妙蓮寺の家
 設計=アンドウ・アトリエ/安藤和浩+田野恵利

親世帯との同居を準備し、都市に住まう
東玉川の家
 設計=アンドウ・アトリエ/安藤和浩+田野恵利

大らかな切妻の瓦屋根がかかる住まい
吉見の家
 設計=アンドウ・アトリエ/安藤和浩+田野恵利



特別記事
百年を生きた古民家の魅力をそのままに再生

古民家の良さを残しながら、生活環境の向上を図る
宮野の古民家I邸
 設計=重黒木建築・家具工房


43年を経た河原町団地 大谷幸夫が団地に描いたもの、育くまれたもの
 設計=大谷幸夫研究室  取材協力=大月敏雄研究室



シリーズ
森と人と建築と 第4回 対峙と共生の技術
第1話 森が支える極地建築
 企画・監修=落合俊也  文・写真=今井通子


生き続ける復興小学校 第2回
モダニズムの足音「言問小学校」  復興小学校研究会


研究室からフィールドヘ 第23回
川井操研究室(滋賀県立大学大学院 環境科学研究科 環境計画学専攻)
FUJIKI RENOVATION



連載
アトリエCOSMOSの木造建築 第5回
名もない電信柱と雑木に生命を吹き込む ―21世紀の環境社会を予感して―  白鳥健二


古民家 その用と美に学ぶ 第8回
古民家をゆく3−出雲  松井郁夫



講演会レポート
阿部昭則・上野英二「設計施工の住宅を語り合う」



書評
Philip Goad 著『NEW DIRECTIONS IN AUSTRALIAN ARCHITECTURE』(Pesaro Publishing ,2001)
 文=小林一行・樫村芙実


追悼・奥村まこと  まことから、みなさんへの宿題


プロフィール

次号予告