株式会社建築資料研究社/日建学院
建築・住宅・インテリア・庭・環境・資格の建築資料研究社
キーワード検索で探す カテゴリーから探す
品切を含む 

≪前のページへもどる

住宅建築 2019年 6月 住宅を知覚する

編集・建築思潮研究所
判型:A4変 判
頁数:140
定価:本体2333円+税
発行年月:2019/06
雑誌コード:05231-06



<概要>

「知覚」とは、 視覚、触覚といった身体的な感覚から、たとえば「美しい」「明るくて気持ちが良い」と感じて体験化されることを言います。住宅も、窓から見える緑、光、色、風、手足で触れる素材など、さまざまな要素が人の知覚に影響します。とくに子どもにとっては、その家での生活が知覚体験として大きく関係するでしょう。巻頭論は北欧建築・デザインを専門とされている小泉隆さん。アアルトの建築は一言では現わしにくいのですが、自然を内部に取り込むさまざまな工夫がみられ、居心地の良い空間がつくられています。アアルトが残した言葉と住宅から、住宅における「知覚」を掘り下げます。

雑誌バックナンバーの経年劣化について


目次


関連書籍・雑誌

関連書籍カテゴリー: 雑誌 住宅建築
▲上にもどる
購入のご案内
ご注文方法
定期購読のご案内
当サイトについて
お問い合わせ先
特定商取引に関する法律に基づく表示
建築資料研究社トップへ
仕事に必要な道具から
便利な日用品まで揃うWEBマート
Copyright
株式会社建築資料研究社/日建学院 BOOKS & MABAZINES トップへもどる