株式会社建築資料研究社/日建学院
建築・住宅・インテリア・庭・環境・資格の建築資料研究社
キーワード検索で探す カテゴリーから探す
品切を含む 

≪前のページへもどる

住宅建築 2018年 10月 構法に再注目

編集・建築思潮研究所
判型:A4変 判
頁数:140
定価:本体2333円+税
発行年月:2018/10
雑誌コード:05231-10



<概要>

材料や組み立て方、施工技術=「構法」によって建築は変化を遂げてきました。近年では、CLTやLVLなど新しい木質材料が登場し、木造の高層建築も生まれています。一方、山の木をどう活かしていくべきかは、日本各地が抱える問題です。建築構法という分野が生まれて60年以上が経過し、その背景となる社会状況も大きく変化してきました。今回の特集では、6つの作品から現代における構法の可能性を探ると共に、構法を専門とする網野禎昭、門脇耕三に、構法の歴史を振り返りながら、これからの構法について語っていただきました。

雑誌バックナンバーの経年劣化について


目次


関連書籍・雑誌

関連書籍カテゴリー: 雑誌 住宅建築
▲上にもどる
購入のご案内
ご注文方法
定期購読のご案内
当サイトについて
お問い合わせ先
特定商取引に関する法律に基づく表示
建築資料研究社トップへ
仕事に必要な道具から
便利な日用品まで揃うWEBマート
Copyright
株式会社建築資料研究社/日建学院 BOOKS & MABAZINES トップへもどる