>>TOPへ戻る


 

バックナンバー紹介記事インデックス

2018.4月号
特集 挑み続ける伝統

2018.2月号
特集 安息の居場所を刻む──益子の仕事

2017.12月号
特集 改修のいま

2017.10月号
特集 佇まいとプロポーション

2017.08月号
特集 住まいのなかのロマンチック

2017.06月号
特集 岡山 古民家再生工房の30年

2017.04月号
特集 かめ設計室の仕事──生命の樹をはぐくむ空間

2017.02月号
特集 過去と未来を結ぶ知恵と技

2016.12月号
特集 混構造の技術と表現

2016.10月号
特集 前田圭介のディテール

2016.08月号
特集 アンドウ・アトリエの仕事 建築と家具のあわい

2016.06月号
特集 現代の居職空間

2016.04月号
特集 続・柱と建築 虚実皮膜の向こうへ

2016.02月号
特集 時を内包する住まい

2015.12月号
特集 現代に甦る民家の美

2015.10月号
特集 設計施工の知覚

2015.08月号
特集 風土とともに──宮古島・伊志嶺敏子

2015.06月号
特集 民家の魅力──大角雄三の仕事3題

2015.04月号
特集 天野太郎の建築──あるべきようは

2015.02月号
特集 プランを解き放つ木の架構──竹原義二/無有建築工房

2014.12月号
特集 不易流行の匠たち──竹中大工道具館 新館


2014.10月号
特集1  柱と建築──象徴と技術から柱の意味を問い直す
特集2 永田昌民/N設計室の仕事


2014.08月号
特集 住宅医の仕事


2014.06月号
特集 コンクリートに住まう術(すべ)

2014.04月号
特集 風景をつくる家


2014.02月号
特集 手嶋保──饒舌な光と静謐と


2013.12月号
特集 住まい塾
──設計・施工・建主 三位一体でつくり続けた30年


2013.10月号
特集 木造の蘇生力


2013.08月号
特集 熟成する集合住宅──集住の本質を問う


2013.06月号
特集 杉坂建築事務所の60年
──建築は、木造に始まり木造に終わる


2013.4月号
特集 奥村昭雄を分解する


2013.2月号
特集 竹原義二 場を解く


2012.12月号
特集 平屋を楽しむ


2012.10月号
特集 改修という選択


2012.8月号
特集 三澤康彦+三澤文子 木造住宅の立脚点


特集 家を身に纏う 7つの小住宅

2012.4月号
特集 台所の原風景


2012.2月号
特集 数寄屋の道程─自在に自然を取り入れる


2011.12月号
特集 木造住宅の〈意匠・性能・技法〉


2011.10月号
特集 日常の空間と光 八島正年+八島夕子


2011.8月号
特集 田中文男の建築学


2011.6月号
特集 独創する木造


2011.4月号
特集 生きつづけている場所で
樋口裕康・かめ設計室・象設計集団


2011.2月号
特集 中村好文・くらしのうつわ


2010.12月号
特集 高橋修一 住まい塾 豊かな空間に暮らす


2010.10月号
特集 すわ製作所 背景のある建築


2010.8月号
特集 永田昌民 営みの輪郭


2010年 5・6月号
特集 建具の愉しみ
特集 北の大地に住まう
環境に寄り添う住宅を求めて


2010年4月号
・特集/和の視座――木原千利設計工房 日々の窓
・記事/京都・伝統の技をとらえる現代の眼
・特別記事/甦る空間の脈動 石井修・目神山の家7(1981)

2010年3月号
・特集/太陽と雲の家
・特別記事/蝶ネクタイのむこうがわ
 吉阪隆正「VILLA COUCOU」(1957)

2010年2月号
・特集/吉本剛 祖型としてのBARN

2010年1月号
・特集/白井晟一を探して ―Constellation―

2009年12月号
・特集/堀部安嗣 近作六題――空間生成の鼓動

2009年11月号
・特集/小さな居場所に棲む
・特別記事/日光の地で78年住み継がれる幸福な住まい
 トレッドソン別邸

2009年10月号
・特集/アトリエ・ワン 都市住宅のふるまい
・記事/女房とふたりで家をつくる
 岩崎駿介+岩崎美佐子 落日荘

2009年9月号
・特集/大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2009
 Echigo-Tsumari Art Triennial 2009
・記事/八島正年+八島夕子の住宅 暈絢する居場所

2009年8月号
・特集/時間を孕んで建つ

2009年7月号
・特集/坂倉準三・住宅設計の系譜

2009年6月号
・特集/木軸という技術を読む

2009年5月号
・特集/響き合う空間と家具
・シリーズ ディテール選集 第6回
 素材に宿る家づくりの精神 高橋修一/住まい塾

2009年4月号
・第1特集/住空間の力
・第2特集/時代に負けない明るい家づくり

2009年3月号
・特集/大地に根づく建築
・第2特集/在来技術をカスタマイズする 14
 光、風、熱をデザインする
・特別記事/脱近代の狼煙 達磨窯

2009年2月号
・特集/山本理顕 住宅を地域社会に開くということ
・ディテール選集シリーズ 第5回
 アンドウ・アトリエの造作建築と家具のスケールを結ぶ
 安藤和浩+田野恵利

2009年1月号
・第一特集/現代に生きる〈和〉の多様性
・第二特集/シリーズ・在来技術をカスタマイズする 第11回
 ∪ターン型ニ世帯住宅のプランニング

2008年12月号
・第1特集/近代木造の射程
・第2特集/シリーズ・在来技術をカスタマイズする 第10回
 土間の復権
・特別記事/神楽坂建築塾フィールドワーク 9
 スペイン・アンダルシアの村を訪ねる
 地中の家グアディクス・崖下の家 セテニル

2008年11月号
・第1特集/隈研吾のディテール
 パラパラとした世界が既成概念を打ち砕く
 仕上げから開放された<素材>
・特別記事/場所の詩学 赤坂真一郎の住宅
・シリーズディテール選集 第3回
 すわ製作所のディテール 眞田大輔+名和研二
・第2特集/シリーズ・在来技術をカスタマイズする 第9回
 空間と素材の演出 質感を引き出しつつさりげなく納める作法

2008年10月号
・第1特集/堀部安嗣 空間の秩序と生活の機能
・特別記事/村田靖夫 〈確かな建築〉の記憶
 〜成熟のコートハウス三題〜
・シリーズディテール選集 第3回
 すわ製作所のディテール 眞田大輔+名和研二
・第2特集/在来技術をカスタマイズする 第8回
 住宅の光環境――明かりと照明

2008年9月号
・特集/自邸にこめた建築哲学
・第2特集/石井修 生涯をかけた仕事 目神山の家
・シリーズ 在来技術をカスタマイズする7
 土・漆喰・左官が在来であり続けるために
・特別記事/生と死を内包する住まい

2008年8月号
・第1特集/村野藤吾は語りかける
・第2特集/原広司 実像と虚像の重ね合せ
・第3特集/竹原義二 透明な技術の地平
 〜〈透き〉の構築による木軸架構三題
・400号記念特別記事/『住宅建築』通巻[400]号の軌跡

2008年7月号
・第1特集/再生術――持続する生命への労り
・第2特集/構造用集成材のポテンシャル
・ディテール選集 シリーズ第2回/手塚貴晴+手塚由比
 開口部のディテール

2008年6月号
・第1特集/鉄の家
・第2特集/構造安全と接合金物
・特別記事/石山修武 共につくり続ける

2008年5月号
・第1特集/木造住宅の現在形
・第2特集/建具・開口部が空間を決める

2008年4月号
・第1特集/小さな住宅の大きな眼
・第2特集/住宅の水環境――上水の節水と下水の処理技術
・特別記事/数学者と建築家が構想した住居
 吉阪隆正の「浦邸」に宿る純粋な世界観

2008年3月号
・第1特集/四寸角、里山にかえる
・第2特集/自然素材orエコ素材? 私がこれを選ぶ理由
・特別記事/宮本佳明・現場即戦
 「ハンカイ」ハウスとディテール選集

2008年2月号
・第1特集/対比の構造・陰翳の空間
 素材の選定とディテール
・第2特集/木造でもできる防耐火建築の技術
 伝統木造から木質耐火構造まで

2008年1月号
・特集/清家清――素型としての空間

2007年12月号
・特集/益子義弘 土地・家・生活をみつめて

2007年11月号
・特集/架構を考えることで木造が面白くなる

2007年10月号
・特集/住み継ぐ意思力――民家再生

2007年9月号
・特集/木原千利――現代の住宅に「和」を息づかせる

2007年8月号
・特集/横内敏人――住まいに野生のリズムを!

2007年7月号
・特集/難波和彦はどこへ向かうか

2007年6月号
・特集/高須賀 晋──空間の美学

2007年5月号
・第一特集/連合設計社市谷建築事務所
 あるいは吉田桂二のまなざし
・第二特集/小玉祐一郎のパッシブデザイン

2007年4月号
・特集/永田昌民のデザイン思想 手法の中核に庭がある

2007年3月号
・第1特集/田中敏溥の戸建住宅
 個から群の家づくりへ、隣地境界線共有化の作法
 戸建住宅集合の実践二題
・第2特集/齊藤祐子/SITE 「場所」をつくる住まい

2007年2月号
・第1特集/堀部安嗣 スケールとプランの心地よい関係へ
・第2特集/泉幸甫 建築は風景をつくれるか
・特別記事/宮内嘉久『前川國男 賊軍の将』をどう読むか
・新連載(隔月)/アジアの集落――その暮らしと空間


2007年1月新年特別増大号
・特集/内藤廣の風景論(グラウンドスケープ)へ
――時間を胚胎する住まい


2006年11月・12月合併増大号
・第1特集/阿部勤・吉村篤一
・第2特集/再考・増沢洵が遺したもの
・新企画/まちと建築を再生する第1回
 活かして創ろう・JR 国立駅舎


2006年10月号
・特集/住まい塾 高橋修一の目指すもの


2006年9月号
・特集/ 制作集団オークヴィレッジの30年
─「木の文明」再構築を目指して


2006年8月号
・特集/いまなぜ都市型住宅なのか。


2006年7月号
・特集/林雅子という建築家


2006年6月号
・特集/石井修から竹原義二へ─建築構想力の継承と転回


2006年5月号
・特集/宮脇檀のモダニズム





   
 


>>TOPへ戻る