>>TOPへ戻る
 


 

 現代において身近なテーマとなっている「改修」。その可能性を探る。

[特集]

住まいを繕う  

  ここを残したい、ここに住みたいという住まい手の強い想いによって、その建物は残されることとなる。今回紹介する7作品は、建築家がその想いに応えた真摯な取り組みとして建築に現われている。同時に、建築家の手がけた住まいの改修や、減築、コンバージョンなど、その方法や取り組みは多岐にわたり、改修の幅の拡がりとこれからの改修の可能性を示している。



建築家・黒沢隆の思想と実践を辿る
本駒込の家   改修設計=ラブアーキテクチャー一級建築士事務所/浅利幸男

写真=浅田美浩



既存棟の特性を活かし工房兼二世帯住宅へ改修
祗園の家・古門前通の家 
改修設計=フジタケイ建築設計事務所/藤田慶
     SATOSHI KAWAKAMI ARCHITECTS/川上聡

写真=笹倉洋平



愛着のある住まいに住み続けるために
愛でる家 
改修設計=山本嘉寛建築設計事務所

写真=笹倉洋平



自然と幸せに共生する大正期の住まいをかつての姿に
青梅の家   改修設計・施工=惺々舎/深田真

写真=山田新治郎



ダブルスキンで環境性能を高め快適な住まいへコンバージョン
工場から家   改修設計=裕建築計画/浅井裕雄

写真=白谷賢



家の歴史・風土・人を結ぶ住まい
湯守の旅籠   改修設計=井上貴詞建築設計事務所

写真=傍島利浩



長屋門と主屋の一部を人の集う場所として改修
柳生の家   改修設計=一見設計工房/一見直人

写真=白谷賢






[特別記事]

時空を超えて蘇る民家  

 室伏次郎さんの手によって、岩手に残されていた民家が箱根の傾斜地に移築再生された。この民家は明治中期の気仙大工によるものだといい、曲がり梁や太い骨組みが特徴的だ。平地にあった民家を傾斜地に移築するため、コンクリートの壁が挿入され、木とコンクリートによる力強く独創的な空間が実現している。


明治岩手から未来箱根へ
箱根の家   設計=スタジオ・アルテック/室伏次郎

座談 箱根の地から始まる民家の未来
柴山信廣・柴山千枝・室伏次郎・吉田晃

写真=藤塚光政



[シリーズ]

研究室からフィールドへ 第40回 
東京理科大学工学部建築学科伊藤裕久研究室
甲府市武田氏館跡歴史館基本計画

[連載] 

INTERIOR 第7回 -Modern Cloister-  
The Ashby  MIKI TAKASHIMA

アトリエCOSMOSの木造建築 第23回
余市ワイン醸造所(Occi Gabi Winery)の「意匠」Part2
―まだ見ぬ景観を創造する―
白鳥健二


[講演会レポート]
『住宅建築』見学会
稲本正「森林生態系と樹木について」
上野英二「オークヴィレッジの木のモノづくり」
  
書評  評者=長島孝一 
『まだ見ぬ国へ』
白鳥健二 著 (美術出版社、2018年)
 
イベント・ニュース 
プロフィール
次号予告


 


>>TOPへ戻る