>>TOPへ戻る
 


 

 近年注目が高まる木造建築。日本古来の木造建築における「伝統」を再考します。 


[特集]


挑みつづける伝統

 日本の木造伝統技術をユネスコの無形文化遺産として申請することが決まりました。また、木造の高層建築などの新しい動きも見られます。木造への注目が高まる今、単に伝統的な技法を受け継ぐことだけではなく、魅力的な伝統建築とは何か? を考える必要があります。ここで紹介する7人のつくり手は、「心地よく住まうこと」「そこで過ごす時間」を念頭に置き、職人の技や伝統のなかに合理性と快適性を見出しています。巻頭対談は、大工修業を積んだのち設計から施工まで手掛ける鯰組の岸本耕さんと、左官職人を経て建築家として独立した森田一弥さん。森田さんの京都静原の自邸を訪ね、お二人に建築におけるこれからの伝統とその可能性についてお話しいただきました。

土地に根差す暮らしから学ぶ
静原の民家改修  設計=森田一弥建築設計事務所

写真=市川靖史



対談 伝統は、残るべくして残る 
森田一弥×岸本耕  聞き手=伏見唯




残るべくして残る手仕事
鳴滝の家   設計・施工=鯰組/岸本耕

写真=市川靖史



客をもてなす珠玉の空間
茶室 和心庵   設計=宗玄舎/梅田宗春 施工=梅田工務店

写真=白谷賢



民家の魅力を再構築する
三浦の家   設計=建築設計事務所 山田屋/山田哲矢

写真=小野吉彦



時代を超える住まいと暮らしのスタイル
山陵の家   設計=中山建築設計事務所/中山大介

写真=白谷賢



“晴耕雨読”自然と共にある生活の器
土浦の家   設計=岩瀬卓也建築設計事務所

写真=垂見孔士



公園の緑を取り込み、地域に開く教会
湖北パークサイドチャペル   設計=木下正昭建築設計事務所

写真=小野吉彦



[特別記事]

近代建築が問いかけるもの──国際文化会館の改修をとおして
松隈洋・青木淳・鯵坂徹

 「60年の層が大きな魅力のひとつ」と語った青木淳さん。国際文化会館は、前川國男、坂倉準三、吉村順三の3人の共同設計で生まれ、取り壊しの危機を乗り越え、改修しながら利用され続けている建築です。この建物を始め、1950年代につくられた建築には共通する魅力があるのではないか? 国際文化会館の主催で行われたシンポジウムでは建築史家、建築家、文化会館改修設計担当者それぞれの視点から、国際文化会館や1950年代の建築の魅力を読み解いています。「改修」はこれからの建築における重要なテーマであり、建築をどう未来へつなげていくのか。過去から学び、活かすことが求められています。

写真=フォワードストローク



[シリーズ]

森と人と建築と 第8回
Laki Senanayake Art and Forest Part2 熱帯雨林が生み出す本物のアート
企画・監修=落合俊也

スリランカのラキ・セナナヤキさんの活動を紹介するシリーズ2回目。建築家ジェフリー・バワは日本でも人気の建築家ですが、バワからの依頼で、バワ建築のアート作品制作や図面も描いていたラキさんの活動についてはご存知ない方も多いのではないでしょうか。アートや建築といった境界を難なく乗り越え、創作活動をとおして自然と建築をつないでいるラキさんの作品と、森と共に生きるラキさんの姿勢が印象的です。今回は、著者の落合さんと、建築家・伊礼智さんに、近年のキーワードとも言える高気密・高断熱を超える建築の重要性についてお話しいただきました。

Heritance Kanballama
スリランカの森が育んだ建築とアートの融合   文=落合俊也
INTERVIEW WITH LAKI「Dear.Jeffry Bawa」  Laki Senanayake
NUMBER11 Bawa's House
対談 熱帯雨林の魅力 高気密・高断熱の先に   伊礼智×落合俊也
LUNUGANGA Bawa's Villa
jetwing LIGHTHOUSE

写真=畑拓




研究室からフィールドへ 第33回 
エネマネハウス2017
“LIFE DESIGN INNOVATION”──住まい・コミュニティに多様な新しい価値を創造する
京都大学、近畿大学、首都大学東京、武庫川女子大学、早稲田大学+芝浦工業大学


[連載] 

アトリエCOSMOSの木造建築 第15回
「フォーラム」“ブリーズソレイユ”─大断面集成材による海岸バナキュラー─ 
 白鳥健二


[講演会レポート]
 『住宅建築』2017年8月号発売記念講演会
  中川武
「池原義郎論 大地から天空、あるいは深奥へ──建築家の身体と言語をめぐって」

[書評]
 文=加藤亜矢子
 内田祥哉 著、門脇耕三、戸田穣、YKK AP窓研究所 編『内田祥哉 窓と建築ゼミナール』(鹿島出版会、2017年)     
イベント・ニュース 
プロフィール
次号予告


 


>>TOPへ戻る